屋根塗装

屋根塗装における5つの機能

【その1】防錆性アップ - 金属屋根・トタン屋根に発生しやすいサビを防ぐ
【その2】防水性アップ - 雨や霜などの水分を弾き返すことで、雨漏りを防ぐ
【その3】屋根材の保護 - 屋根材の腐食を防ぎ、耐用年数を底上げする
【その4】抗菌性アップ - 屋根材の含水率を高め、コケやカビの発生を抑える
【その5】遮熱性アップ - 屋根表面から室内への熱伝導を抑えることで、室温の上昇・低下を抑える

 

屋根は外壁よりも傷みやすい

紫外線や雨・風を直接浴びる屋根は、外壁以上に劣化が早いと言われています。
外壁なら10年以上効果が持続するシリコン塗料も、屋根だと耐用期間が7~8年になってしまいます。

 

屋根と外壁の塗り替えサイクルを揃えるには

外壁と屋根を同じ塗料で塗り替えると、塗り替えサイクルがずれてしまいます。
これは上に書いてある通り、屋根と外壁では同じ塗料でも”持ち”に差が出てしまうからです。
とは言え、劣化している屋根を放置することは雨漏りにも繋がるので避けた方がよいでしょう。

こういった塗り替えサイクルの問題は、外壁よりもランクの高い塗料を屋根に使用することで解決します。

屋根に外壁よりも耐用性の高い塗料を塗ることで、結果的に塗り替え時期が同じくらいになるのです。
このように先を見越した塗料選びをしておけば、一度の工事で外壁と屋根の塗り替えを同時に行うことができます。

外壁と屋根塗装を一度にまとめて行うことによるメリットは様々ですが、一番はコストの節約です。
一度組んだ足場はどちらの工事でも使うことができるので、足場の設置代がまるまる浮くことになります。

屋根に使用する塗料のランクを上げることが、長期的に見た時のコスト削減に繋がりますので、是非ご検討ください。

【電話番号】077-573-1564
【代表直通】090-3264-3710
【営業時間】8:00~17:00 定休日:日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大津市、守山市、草津市を中心に滋賀県内にお伺い

一覧ページに戻る